夜桜迷い子

作詞:吉岡治    作曲:弦哲也
提灯の紅あかり
浮きたつ桜に 誰を待つ
ちらちらと散るでなく
花冷えしたまま咲くでなく
夜桜迷い子 闇ん中
大勢いたって 賑やかし

夜桜迷い子 逢いたいよ あんた
花の盛りのその最中(さなか)
有無をいわさず 抱きしめて

見上げればなみだ目で
淋しく傘さす おぼろ月
くらくらと酔うほどに
明日もなおさら 行き暮れる
夜桜迷い子 愚痴っぽく
いまさら未練の 賑やかし

夜桜迷い子 もう一度 あんた
夢のつづきがあるのなら
桜散るまに 話してよ

夜桜迷い子 逢いたいよ あんた
花の盛りのその最中(さなか)
有無をいわさず 抱きしめて