雪国の町

作詞:萩原四朗    作曲:上原賢六

川の澱みに 石を投げる
何という寂しい 水の音か
思い出は にがい あの娘は 遠い
あー 雪国の いで湯の町よ

生きて逢う日は またとないが
面影にひかれて 北の旅へ
一年も 過ぎて あの娘が 恋し
あー あの夜の いで湯の宿よ

山のふもとを 汽車が通る
何という佗しい 汽笛の音か
思い出が つらい あの娘に 済まぬ
あー 雪国の いで湯の駅よ