姫鏡台

作詞:山上路夫    作曲:すぎやまこういち

僕らのすべては真似ごとだったのさ
秋はゆき冬も過ぎ
二つの季節を渡ったけれど
僕らに春は来なかった
あなたが残した姫鏡台ひとつ
使い手のないままに
花冷(び)え空(ぞら)を映してる
真似ごとみたいな生活だったが
今おとずれたこの悲しみはなぜかほんもの

僕らは演じた真似ごとだけを
お互いにさびしくて
小さなドラマを始めたけれど
芝居の幕はもう下りた
あなたが忘れた姫鏡台ひとつ
泣きながら髪とかし
あなたは何を願っていた
真似ごとみたいな生活だったが
今おとずれたこの悲しみはなぜかほんもの