季節

作詞:山下穂尊    作曲:山下穂尊

巡る季節が咲かせた花は何度目だろう
ひたすらに駆け抜けた時代が瞼にある
言葉にすれば壊れそうな夢だけ抱えて
始まりの言葉たち 大切に集めていた

不器用とわかっていて もう一度を繰り返す
悲しいこともまだ知らないでいたんだよ
それでも続いてく物語

桜舞う街の中 見上げたその景色は
どんなときもいつの日にも眩しすぎて
瞳を細めました
気づいたら何故か伝う涙は
喜びにも悲しみにも優しさにも
似てるような気がしたんだ
そうやって春は満ちる
一つの 小さな 奇跡のように

諦めないと大人にはなれないと気づいて
消えていく未来もさ
あったことわかっていた

届かないような窓に 手を伸ばして気がついた
つまづいたあの日も 傷ついた夢さえも
降り注ぐ太陽があったんだ

光差す道の上 かけがえない出会いが
僕らを変え世界を変え今確かに
僕らに届きました
巡りゆく季節に咲く命が また今年も
空に舞って 僕らをつなぐ
景色になりますように

桜舞う街の中 見上げたその景色は
どんなときもいつの日にも眩しすぎて
瞳を細めました
気づいたら何故か伝う涙は
喜びにも悲しみにも優しさにも
似てるような気がしたんだ
そうやって春は満ちる
一つの 小さな 奇跡のように