突然炎のごとく

作詞:松本隆     作曲:南佳孝
天然色の森を
あなたは駆け抜けて
逢いに来てくれたね
一目を忍んで

家具のない白い部屋
ぎこちないまなざし
ふと触れあう指に
電流が走る

炎が燃えてる
冷たく 優しく
孤独な心の深みで

背中にまわした手が
少しずつ強まり
生きてる歓びが
熱い息になる

素肌に着たニットは
草の匂いがして
秋の落葉たちが
窓を埋めてゆく

炎が燃えてる
激しく 哀しく
命の火花を散らして

あなたの髪を束ね
うなじにキスをした
燃えあがる炎は
いつか灰になる