楽曲

金木犀

試聴する フル再生

窓の外、眩んでしまうような街の明かり
遠く聞こえるサイレンと君の歌が響いていた
チープな作りのアンサー
息が苦しくて、吐き気がしそうだ
ねぇ、君がここにいたなら きっと
何もないんだと笑ってしまうだろう
真夜中と踊ろう、午前2時
あなたの言葉に心が揺らいで
安っぽい言い訳も今だけは
騙されたままでいるから
透明な街を歩いていくんだ、僕らは
音の鳴る方へ、ただ行ける方へ
悲しみが夜を包んでしまっても
寄る方なく痛みは寄り添っている

窓の外、滲んでいく空と金木犀の匂い
遠く聞こえるサイレンと君の歌は止まった
耳鳴りが鳴り止まなくて
あまりにも脆くて、壊れそうだ
ねぇ、僕がそばにいたって きっと
何ひとつ変わりはしないことも
真夜中と踊ろう、午前2時
あなたの言葉で水面は揺らいで
この部屋に残った、その香りは
まるで金木犀のように
透明な街を歩いていくんだ、僕らは
音の鳴る方へ、ただ見える方へ
寂しさが夜に溶けていってしまっても
寄る方なく痛みは寄り添っている

彷徨って、さあ迷って
幾度となくその光りに憧れて
でも、もう行かなくちゃな
傷を負ってまでも行かなくちゃな
声が聞こえる方へ

真夜中と踊ろう、午前2時
終わらない夜とあなたの影を
探して、彷徨って壊れても
構わないと言えるほどに
ねぇ金木犀と一つになって、もうさようなら
あなたの言葉でこの夜を解いて
安っぽい言い訳にこのままずっと
騙されてもいいから
透明な街を歩いていくんだ、僕らは
音の鳴る方へ、その先の方まで
悲しみが朝へ続いていってしまっても
寄る方なく痛みは寄り添っている

収録アルバム

金木犀
金木犀
2023/08/25

楽曲一覧

    収録曲を見る