化け物になれば

作詞:朝日廉    作曲:朝日廉

何回も何回も女を泣かす
だけどあいつばかりがモテるのは何でだろな
何でなんだろう

12月のワンマンライブ
チケットはソールドもしてないし
何年これを続けるだろう 泥を泳ぐような
反省会だのなんだのと
打ち上げでは冴えない愚痴ばかり
何でも他人のせいにして こりゃ食えないな

だけど君らは知っているか
ロックンロールという音楽は
弱さすら歌うんだぜ こんな臆病でも

何回も何回も 振り落とされて
誰も僕に優しくないのは何でだろな
何回も何回も 邪険にされて
誰も僕の話を聴かんのは何でだろな

何でなんだろう

ブサイクなんだのと貶されて
ほうそうかそうかと腹を立てて
それでも曲だけは良いなと 言わせたいよな

だけど僕らは知っていた
ロックンロールという音楽は
強さゆえ笑うんだぜ そうさ 今だって

何回も何回も拳をあげて
それでもまだ少し届かんのはなんでだろな
何回も何回も貯金を崩す
不安と引き換えに未来を買うのはどんな気分?

死にたくないけどやめたいな 働かずとも食べたいな
頑張らなくてもモテたいな ゲームはクリアしていたいな
希望はどこにも見えないな 見つけたとしても触れんさ
親に迷惑かけたくないな どこへも行けないな

何回も何回もバイトに入る
それでもお金が貯まらんのは何でだろな
何回も何回も言葉を殺し
それでも信じてほしいのは何でだろな
何回も何回も涙を流し
それでもまた優しさを間違えてしまうから
何回も何回も時代を超えて
それでも届く歌があるのは

何でだろな

何回も何回も化物になれば
こんな僕らのこともずっと憶えてくれるかな?
誰もかれも憧れていた
あのステージの向こう側へ 僕も行きたいのさ

行きたいのさ