てぃーんず ぶるーす

作詞:松本隆    作曲:原田真二
駅に走る道は雨で
川のように僕のズックはびしょぬれ
ぬれた踏切から見たよ
汽車の窓に流れる君を探して
冷たいレールに耳あてれば
ふたりの秋が遠ざかる
泣いてる君はぶるーす

みんな軽々しく愛を
口にしても君は違うと信じた
なのに君は僕の手より
座り心地のいい倖せ選んだ
都会が君を変えてしまう
造花のように美しく
渇いた君はぶるーす…

誰も知っちゃないさ 若さ
それがこんな傷つきやすいものだと

誰も知っちゃないさ 若さ
それがこんなこわれやすいものだと

僕は愛に背中向ける
伏せ目がちのジェームス・
ディーンまねながら
それが僕のぶるーす