冬の夜  〜母さんの歌

作詞:文部省唱歌/    作曲:文部省唱歌/
灯火ちかく 衣(きぬ)縫う母は
春の遊びの楽しさ語る
居ならぶ子どもは指を折りつゝ
日数かぞえて 喜び勇む
囲炉裏火は とーろ とーろ
外は吹雪

囲炉裏のはたに 縄なう父は
過ぎし昔の想い出語る
居ならぶ子どもはねむさ忘れて
耳を傾け こぶしを握る
囲炉裏火は とーろ とーろ
外は吹雪

かあさんが
夜なべをして
手袋あんでくれた
木枯らし吹いちゃ
冷たかろうて
せっせとあんだだよ
ふるさとの
便りもとどく
いろりのにおいがした

かあさんが
麻糸つむぐ
一日つむぐ
おとうは土間で
わら打ち仕事
お前も がんばれよ
ふるさとの冬は
さみしい
せめてラジオ
聞かせたい