風よ

作詞:御徒町凧    作曲:澤田かおり・五十嵐文武
涙の頃は過ぎて 明日は今日も始まり
散りゆくそれも運命 なつかしゃ 島影遠く

風よ 天つ風よ いくつ時代越えて
熱き想いを あの空に眠らせる

過ちさえも 希望に変えて
流れのままに 歩みを重ね
現し身一つ 携えたまま 私は生きている
小さき者へ 弛まぬ愛を
過ぎ去る者へ 安らぎの日を
吹く風の中 行きつ戻りつ
それが 人の 運命

寄せ返す 白波の向こうへ
消え去りゆく 風の御霊
喜びごとその身として 一片の花は散る

幾年月を 刹那に変えて
流れをままに 讃えし水面
御覧 世界は 嗚呼 美しい あなたは生きている
小さき者へ 弛まぬ愛を
過ぎ去る者へ 安らぎの日を
言うは容易く ならば言うまで
風よ 唄を 運べ