季節がまた終わる

作詞:三井 拓郎    作曲:三井 拓郎

季節がまた終わりを告げて
君の好きな春が すぐそこまで来てるから出かけよう

ねぇ 夢の中で君に会えれば 目覚めた僕の横にいなくても
眩しい朝日や外の雑音も ほら すべて心地良くなって

ねぇ 君の好きな歌がイヤホンから いま流れているから
ボリュームを最大に上げて片方ずつで聴こう
二人思い出の地まで

季節がまた終わりを告げて
君の好きな春が すぐそこまで来てるから出かけよう
柔らかな頬に木漏れ日のストロボが 輝いているよ
さらに君を好きになる

ねぇ もし君が僕と出会ってなかったら
そんなことばかりが頭をよぎる
愛しすぎるゆえに不安が牙を向いた 何気ない午後に

風に吹かれたクロッカスのように
君の好きなままに その身を委ねながら遊びましょう
しとやかな肩に初めて触れた瞬間を 憶えているよ
さらに君を知りたくなる

春風 冬の香りを奪って
ふと見上げたビルに 虹を色濃く儚く映した

ねぇ 君を強く抱きしめたときは
僕の胸を濡らしても構わない

季節がまた終わりを告げて
君の好きな春が すぐそこまで来てるから出かけよう
柔らかな頬は夕焼けの淡いチークで ほら 染まっていく
さらに君を好きになる