reminiscence

作詞:岡崎律子    作曲:岡崎律子
春の風吹く道で
あなた想えば 甘い記憶

ここで待ちあわせした
あなたに早く話したくて

いつもいつも つきあわせてごめん
夢中になると何もみえなくなって
つまずいても そばで笑ってくれる
守られていた

空のひらけた川辺
二人の夢を高く飛ばそう

風に乗ったラジコン
空を滑り やがて落ちた

いつか こんな空の下で
どんな夢をみているだろう
まだ知らないまま
ずっとそばにいたい そう思ってた
守られていた

今も思う あのサヨナラの時
今 この指を決して離してはだめ
知っていたのに なぜ
私にはその覚悟がなくて