セクト

作詞:Mah    作曲:Mah

"君だけが知っていて
他のだーれも知らない名前
まあるい輪っかを引っさげて
くるくるまわる くるくるまわる

僕らだけが知っていて
他のだーれも知らない名前
君の陽気を引っ掛ける
この合図を送ろう

地下三階すき間の部屋に
そうっと飴を差し込んだ
君の痩せてしまった
骨の住み家の足しになるように
そんなに悲しい君を
支えてくれるものは何
ねえそこに入れてよ
あいつが君を食べてしまう前に

隠れられず逃げられもしない
見てないくせに見逃してくれない
大口開けて見つめる獲物の
あきらめを待っている

君は足場を守る理屈で建てた砦を
経験で満たそうとまた
理屈を重ねてガラリと崩れ
事実の張り子で 固めたごまかしも
何の脈絡もない色合いを恥じて
力を無くし転がるだろう

だから縺れたそんなものは
ちょきんと切っちゃって
新しい空気を吹き込んで
また伸びていく

うわっつらだって確かに君なんだ
それでも息が苦しいなら
ヒライテヒライテ
流し込んで ひとつになって
はじける音を 聴きながら

地下三階すき間の部屋に
そうっと耳を傾けた
君が気付かれまいとしながら
小さく叫ぶ声を聞いた
ツムジが枯れ葉を巻いた
庭のブランコ揺れた
さあそこに入れてよ
エレベーターのドアが開いたよ

強がり方を変えたところで
奥底で上げる声は変わらない
子供の頃待ってた迎えを
今も待っているなら
フタをして転がして
月水金と雨ざらし
さみしく覆ったままで
押し込めて押し込めて溢れ

考えない 見ない 思い出さない
想像しない 何も知らない
靴に染み込んでく
その感触もありはしないんだ
分かれた希望の一方が
歪んだ鉢を抜け出して
すっと息を ひとつ ふたつ あともう一息

(天天)
アタマをすぱっとカットして
君を引きずり出していく
ヒライタヒライタ 淡く
ほどいて 君をほどいて
ごちゃついた根っこなんかさっと切って
ぜーんぶ燃やしてここを開けて

息苦しさから分かれて伸びた
希望の芽を伸ばそう
息苦しさから分かれて伸びた
希望の芽を伸ばそう

息苦しさから分かれて伸びた
希望の芽を伸ばそう"

そんな声が聞こえた