風の記憶

作詞:一志    作曲:Kagrra,
もう古惚けた景色の中
君はふいに髪を耳にかけて
「強い風ね」そう 呟いた

雪のように儚い記憶が甦る
懐かしさ降り積もる
もっと強く君を抱きしめていたのなら
現在は変わったの?

いつもの道立ち止まった
淡い色の夕日の陰りで
瞳伏せて君は言った
「強い風ね」そう 呟いた

君の言葉が 遠く感じて
雪のように儚い記憶が甦る
懐かしさ降り積もる
もっと強く君を抱きしめていたのなら
現在は変わったの?

幼かった僕には 聴こえなかったよ
君の心が溶けて消えた
季節は廻り二人は背を向け歩き出した
君が霞んで消えた
凍えながら重ねた唇が現在は
もどかしく震えてる