真夜中のエレベーター

作詞:喜多条忠    作曲:都倉俊一
夜のロビーに映る 冷たいランプの青
煙草を消して そっとくちづけ
今日の別れが来る
今日までの僕達が
明日からは想い出に
変ってしまう そんな気がする
四角い箱に乗る
部屋の鍵はかけないで
エレベーターが降りるまでは
僕の心を鍵の音で 閉ざさないで欲しい

愛というには寒く 恋というには熱い
二人のことを 知っているのは
夜の静けさだけ
扉が開(あ)いて君は
後ろ向きに手を振り
声を出さずに さよなら言って
つらい別れが来る

部屋の鍵はかけないで
エレベーターが降りるまでは
僕の心を鍵の音で 閉ざさないで欲しい

部屋の鍵はかけないで
エレベーターが降りるまでは
僕の心を鍵の音で 閉ざさないで欲しい