ミックとジャガー

作詞:宮藤官九郎     作曲:富澤タク

なにこれドッペルゲンガー!!

私 アイドル目指してます
ボイトレ エステ ポージング
ショーウィンドウでダンシング
だけど今日 友達に
ミック・ジャガーに似てるって言われました(Fu Fu)
ミック・ジャガーに似てるって言われました(Fu Fu)

私 その人 知らなくて
ゆるキャラか なんかだと思って
「ミック」と「ジャガー」で検索しました
スマホの 画面にいっぱい
ミックという名の私が出て来ました(Fu Fu)
ミックという名の私が出て来ました(Fu Fu)

なにこれドッペルゲンガー?
なにこれドッペルゲンガー?
なにこれドッペルゲンガー?
なにこれドッペルゲンガー?

なにこれドッペルゲンガーーー?

「いいじゃん、オレ、ミック好きだぜ」
無職の彼が励ましてくれた
誰かに似てると思ったら
水木ロードで 発見しました

砂かけばばあに似てるって思いました(Fu Fu)
砂かけばばあに似てるって思いました(Fu Fu)

なにこれドッペルゲンガー?
なにこれドッペルゲンガー?
なにこれドッペルゲンガー?
なにこれドッペルゲンガー?

逆なら良かった ミックと妖怪
彼がミックで 私がばばあ
逆でもダメか ミックばばあ

豊胸手術しました
みんなの目が おっぱいに行くように
巨乳のミックと呼ばれました

ダテ眼鏡 かけました
帽子とマスクで 変装しました
お忍びのミックと呼ばれました

彼と二人で 東京ドームに行きました
3塁側のスタンド席で
ミック・ジャガーに恋しちゃいました