星のとなりの空け者 〜カッパ〜

作詞:タカハシヨウ     作曲:タカハシヨウ

七夕は今年も雨 僕が知っている限り
雨が降らなかったことは ここ数年一度もない
聞いたことがある 川に引き裂かれた二人の話
その二人には悪いけど僕 天の川自力で渡れるんだ

そんな力なんかより 今は内定が欲しいです
「皿の形が不細工」と 書類で何度も落とされた
靴ひもが結べたら入れると 最近話題のアホ会社に
履歴書という名の短冊を 持参していざ面接へ

「 本日の面接官を務める織姫です 」
まさかこのシチュエーションで出会うとは
七夕にキャリアウーマンしてる場合か!
そこは上手に有給を取っとけよ!

すぐ織姫に頼まれる 彦星を連れてきてほしいと
正直気は進まないけど 内定欲しさに請け負った
荒れる川を渡り向こう岸 やけに胸筋が隆起した
男が僕を見つけて感極まり 本気で殴りかかってきた

「 カッパより強くなれば俺も川を渡れるはず! 」
「 胸筋の神様!彦星はやります! 」
ダメだ、思想も思考もオシャカになってる
鬱陶しいのでひとまず 折りたたんで

織姫のもとまで引きずった
この瞬間が嫌だったんだ
きっと二人は知らない この川の両岸は
時の流れが違うこと

年老いた織姫 まだ若い彦星
会う術を失った二人は 無理に会ってもこの仕打ち
僕が何か言わなきゃと 言葉を見つけるより前に
こんなに残酷な再会を 二人はただただ喜んだ

二人を川で分かち 二人の時をずらし
二人は雨に泣いて 二人で傷つくこともできず
阻まれて 壊されて 騙されて 隠されて 奪われて
なのにどうしてそんなに素直に喜ぶの?

「 愛しているから 」