冬のくちびる

作詞:石本美由起    作曲:船村徹
窓のガラスに くちづけて
夜の向うの おもかげ探す
北の港は 荒れ模様
お酒飲んでも 独りでは
胸に寒さが しみとおる

いつか一緒に くらす日を
いつも女は 心に願う
北の港は また吹雪
雪に埋れた 波止場には
想い通わす 船もない

燃えて求める 愛もなく
冬のくちびる 凍れて痛い
北の港は 雪景色
せめて今夜は 夢にでも
逢いに帰って 頼むから