道ひとすじ

作詞:仁井谷俊也    作曲:四方章人

人は天から 生命(いのち)を授(もら)い
歩きだすのさ 明日(あした)へと
百の苦労を 乗り越えて
我慢・辛抱の 道をゆく
そうさ男は・・・
一つの笑顔に 出会うまで

人のぬくもり 寄り添うこころ
それを教えて くれた妻(ひと)
傍でいたわり ささえあう
そんなおまえが いればこそ
そうさ男は・・・
夢でも一生(いのち)が 賭けられる

人と生まれて この世に生きて
受けた情けの 有難さ
縁(えん)の一文字 胸に抱き
花と嵐の 道をゆく
そうさ男は・・・
この手で大志(のぞみ)を 掴むのさ