休日延長

作詞:小椋一親    作曲:玉岡滉平

子供の頃、無限に思えた時間はもうなくて
気付いたら大人なんかという
嘘つきになってしまいました

あの頃の純粋さを忘れたくない
少年のまま生きたいのだ

どうでもいいことが楽しくて仕方がない
ずっとそんな毎日であればいいのに

いつも一緒にいたあの子たち
今はどこで何をしている?
どうか神様、一日だけでいい
あの頃の日常の中へ

そんなことは叶いやしない
分かっている 仕方ないのだ

思い出の場所も古ぼけて
記憶からも消えようとしている
何かだめだ

明日も愛想笑いするんだ
もう嫌だ 建前ばかりでさ
そうだ せめて
この休日を延ばしてしまえばいい
一日くらいなら平気だろ
いいでしょ いいだろう