BLUE BIRDLAND

作詞:只野菜摘    作曲:松本圭司
TAXI、
8th Avenueで、みんなが 待っているんだ
Jazzを愛した彼女の想い出の場所さ
今でも コルトレーンや マイルスや パーカーや
強者たちの夢と偉大な魂が生きてる

あの頃 若い僕のリフは蒼かった
彼女のことを傷つけ傷ついた
(だけど深く愛してた)
Smile 哀しみも恋も全部見てた ソ・ラの青い鳥

ようこそ
ミュージシャンが 集まった 自由の国へ
時は熟したな 今夜、世界の満月に捧げよう

挫折を越えて僕は アドリブを知った
セッションの人生を 上手に泳ぐように
(今も面影 残ってる)
Smile 彼女がもしも聴いてたなら なんて言うだろう

愛すべき人よ
笑顔を ずっと消さずにいるように
今、願いをこめて この曲を贈ろう
BLUE BIRD、幸せ届けて
さあ 僕らの夜明けとともに

奇跡のようなハーモニー 舞い降りた瞬間
溶けあったデュオの メモリを忘れない
(生まれ そして生きて歌って)
Smile 幕を閉じても
最後には ジョーの子守唄

(BLUE BIRD, BLUE BIRD, BLUE BIRDLAND)

幸せを届けておくれ
ソ・ラの青い鳥
僕らの夜明けさ