GO&SING

作詞:鬼頭大晴    作曲:鬼頭大晴

今日をあなたと生きたこと僕は忘れないでしょう
これは願いでもあり祈りにも近いもんだね
きっと明日になったらさこの街は色を失くすけど
今日が僕を生かすでしょう今日であなたを生かしてよ

若くして先を急ぐ人そんなに焦ってどうしたの
大人はとやかく言うが彼らは君ではないからね
愛って一体なんだろうね 幸せはどんな色だろうね
きっと形はないのでしょう それぞれの色があるのでしょう

騙されたり裏切られたりで笑いかけられるのが怖くて
それでもまだ此処に来たなら歌を さあ歌おう

膨大な数の悲しみを
忘れられる程の喜びが
今此処に無くても 汚れた毎日で
笑いながら光る感動を知る

悲しみに暮れた毎日の涙の意味ってなんなのさ
いつかは滅ぶと言うが僕らの終わりはいつだろうね
人に平等な天罰よ 来るなら今しか無いんじゃない
そっと僕に訪れてさ確率の桁を落としてよ

悲鳴もロックも同じ声なら
何を信じ此処に残ればいい
それでもまだ此処が好きなら歌を さぁ歌おう

不可能だらけの日常は
出来る事だらけの日常だ
ほら君に無いもの僕に無いもので
成り立つ毎日の感動を知る

永遠だって信じてやろう 最低だって愛してみせよう
運命なんて安っぽい物ではないんだよ 今は

歌を さぁ歌おう

飽きてしまう程の連続は
必要な数の経験だ
ほら君にとっても僕にとってもさ
二度と来ない今日の感動を知る