蜃気楼

作詞:石井竜也    作曲:筒美京平

あれはまるで夢の出来事
不思議は突然に現れた
今も残るあの感触…
もう5年になるね 別れて
お互いの事など 忘れてた
こんな遠い街で出会う

香りもあのときのまま
見つめる前のため息
唇を触る仕草
素足が綺麗なとこも
すべてがあの頃に戻ってく

何も聞かないで二人
静かに近づいてゆく
目と目の相槌をして
胸の鼓動感じ合う
こんなの幻さ 蜃気楼

あせるように服を脱がせて
お互いの指輪も取り合った
離れていた時を埋めよう

吐息の中で絡んだ
指と指が握り合う
ここで抱きしめてしまうと
ふと消えてしまいそうで
所詮は何かから逃げたくて

傷つけ合った想い出
泣き笑いした映画も
二人よく行ったカフェも
何より互いのコトも
今ではあの全てが 蜃気楼

香りもあの時のまま
見つめる前のため息
唇を触る仕草
素足が綺麗なとこも
すべてがあの頃に戻ってく

傷つけ合った想い出
泣き笑いした映画も
二人よく行ったカフェも
何より互いのコトも
今ではあの全てが 蜃気楼