花と龍

作詞:藤田 まさと    作曲:古賀政男
花にからまる 背中の龍に
訊いてご覧よ 応えは一つ
男一代 若松港
晴れの舞台に 名を刻め

意地を捨てるか 情けを切るか
いざという時ゃ 心が決める
永く生きても 人間五十
俺の涙は 俺が拭く

俺の命は 女房にあずけ
親の心は 伜にたくす
冬の辛さを かみしめながら
やがて近づく 春を待つ