孤高の企業戦士 - 社畜反乱軍EDテーマ (feat. 初音ミク)

作詞:ぎんすけ    作曲:ぎんすけ

一か八か、繰り返した矛盾は
言葉とともに、泡となって消えた
どんなに強い、思い訴えても
それはすぐに、忘れ去られていく

人は其れを欲張りという
エゴはどれも久しからず
捨てることさえ忘れてる

排気ガスに染まる街
長い仕事が終わる度
首輪の解けた獣たち
死んだ目をして町に消ゆ

どんなに足掻いても、取り返せない自由は
考えるだけ、無駄だと知っていた
望むままに、飛び立つ鳥たちに
望んでいる、安息の地など無い

抗う者は首を落とされて
僕らは従うことしかできない

守るものの為、愛するものの為に
孤独と戦う、企業戦士よ
心の平穏を、邪魔する奴らは誰だ
帰りたい家が、僕らにはある

時計は午前5時、タバコをふかして一服
抜け出すことの出来ない、社会の歯車
誇り高い背中、祝福の光浴びて
孤高の企業戦士、たちは今日もいく