サービス

作詞:椎名林檎    作曲:H是都M

怖じ気付いて触れもしない耳にそっと囁くんだ
若さ故の淫らな銃撃てばきっと心地好いと

さあご覧遊ばせ
曇り無い眼がいまに匂引かすしどけないこの実を
過ぎ去っていく時間に従順なだけさ
"邁進(まいしん)"其れ以外何一つ分からない

するとこうだ
「何かご不満?ディスプレイは頗(すこぶ)る綺麗よ。」
此処まで来て醒める萎える
意図は冗談 稚児の遊戯
縷縷縷縷(ルルルル)る超現実主義(シュールレアリズム)
不知顔で高飛びしろ!

でも机上に高がアイコン二つ三つ未々嘘
色違いのラベル順に並べ替えてばれぬ本体

さあご覧遊ばせ
味気無い利き手もいまに泡吹かす新たなお客様
最早お金では起動も致しません
"献身"其れ以外愈々(いよいよ)分からない

是ぞ当たり前 革め朝飯前
右手左手あられもないこの身は果敢無い現し身
棄ててなんぼだと言う?
知らない 分からないから見舞ってくれる
さあ「骨抜きに」