ヒカリ

作詞:YOU    作曲:YOU

初夏の街の片隅 誰もいない街路樹の下で
長い長い暗闇から 蝉が初めて空を見る
諦めてしまいそうな シワシワの羽を背負って
「土の中には戻りたくない」と震える足を伸ばす

どんなに考えても どんなに頑張ってても
何もかもうまくいかなくて 全てを投げ出したくなった
いっそこのまま逃げ出せたら どんなに楽なんだろう?
でもそんなことを君は望んでいないんだろ?

高く高く君の空をいつかその手に掴むために
今はそこで痛む心の涙を何度も流せばいい
遠い昔に君が見上げた眩しすぎる空の輝き
数え切れない数の想いと自分の涙の果てにあった

「いつか一緒に暮らそう」って言ってくれた優しい彼女(ひと)や
口にはいつも出さないけど心配ばかりかけてる人
思えばどれだけの夢や想いを踏み台に僕は
気づけばこんなところまでずっと歩いてきたんだろう

街路樹の下何度も何度も描いた
立派な羽でどこまでも大空を駆ける
命の光を散らし小さな足を踏みしめて
やがて色づいたその羽で大空へと舞い上がった

雨降りの中歩みを止めて君はただそこに立っているだけ
過去のヒカリや誰かの夢にただただ深く埋もれて行くだけ
土砂降りの中傘もささずに震える足を踏み出せたなら
雲の切れ間に光射すとさ 君の羽は色づいてるから

高く高く君の空をいつかその手に掴むために
今はそこで痛む心の涙を何度も流せばいい
遠い昔に君が見上げた眩しすぎる空の輝き
数え切れない数の想いと自分の涙の果てにあった