浜昼顔

作詞:寺山修司    作曲:古賀政男
家のない子のする恋は
たとえば瀬戸の赤とんぼ
ねぐらさがせば陽が沈む
泣きたくないか日ぐれ径(みち)
日ぐれ径(みち)

たった一度の恋なのと
泣いてたきみは人の妻
ぼくは空ゆくちぎれ雲
ここはさい涯(はて)北の町
北の町

ひとり旅立つ思い出に
旅行鞄につめてきた
浜昼顔よいつまでも
枯れるなぼくの愛の花
愛の花