月枕

作詞:松井五郎    作曲:都志見隆

わかったふりで身を引けば
未練くらいはありますか
困った顔を覗き込む
それが私をつらくする

男のひとが見る夢は
いつも女の場所がない

悲しいだけです
悲しいだけです
ふたりを繋ぐ腕枕
ひとりを耐える月枕

決まった誰かいるのなら
切れる縁(えにし)は切ればいい
すがって咲いた花なんて
聞いたことなどありません

男のひとは瀬戸際で
どうせ女を邪魔にする

せつないだけです
せつないだけです
あなたにせがむ腕枕
ひとりで眠る月枕

男のひとが見る夢は
いつも女の場所がない

悲しいだけです
悲しいだけです
ふたりを繋ぐ腕枕
ひとりを耐える月枕