お前ぶただな~送らぬ手紙~

作詞:田村歩美    作曲:田村歩美

あたしは赤い服選んで街へ飛び出して行った
あれこれ見たような気もしないでもないけれど
何故だか満たされないわ
幸せとかは落ちてはない…

けどまた見た空は今日も晴れ元気でやっています
ひとり寂しい夜には 誰かを思いやって 誰かを思い出して
それでも足りない時は 送ることもない手紙を書いています
人・街並みあれこれと
それだけでも きっとあたしは晴れるから

あたしが赤い靴選んで「似合わない」とか言われてても
街へ乗り込んで歌い続ける
幸せの歌 がんばればいいこと歌えるかな
あたしがどれだけ手紙を書いてみても
ひとり寂しいことには変わりがないくせに
涙も出るくせに 筆は走り続けて行く
終わることのない手紙を書いています
嵐という名の日々に起こる出来事は
尽きる事ないから

きっと この世界はまだやり切れない事が あふれてるんだ

空は今日も晴れ そちらも見えていますか?
ひとり寂しい時には あの日思い出して あの日思いやって
空は今日もいい色 元気でやっています
蓄わえられる手紙は送ることはない 信じてられるから…
誰かはいつまでもあたしの味方なんだ