暗黒舞踏会
収録アルバム
暗黒舞踏会
アーティスト
DRAGON GUARDIAN
リリース月

楽曲一覧

  1. 暗黒舞踏会

暗黒舞踏会

作詞:勇者アーサー/ナイツ・オブ・ドラゴン刃夜斗    作曲:勇者アーサー

闇夜に笑う 黒き魔の影
悲劇の雨を降らす
救い求める 民を見殺し
聖なる十字架(クロス)に背を向く
さあ 我にひれ伏せ! 愚かな民
邪神を崇め己を捧げよ
湖上に映し出されし黒き月のように
破滅へと向かう

夜に謳う 舞い降りた邪神(かみ)の調べに
狂い出した 鐘の音が鳴り響き
終焉を告げる 闇のレクイエム
詩人が唄い奏でる

さあ 誇れ! 我等が栄誉のため
糧となる者よ 祈り捧げよ
湖上に映し出されし黒き月のように
もう明日はない

夜に謳う 舞い降りた邪神(かみ)の調べに
狂い出した 鐘の音が鳴り響き
終焉を告げる 闇のレクイエム
詩人が唄い奏でる
虚ろな夢 甘美なる夜の誘惑に
導かれし 貴族たちは舞い踊り
優雅なき宴 毎夜繰り返す
儚きこの思い

今宵開かれし晩餐会。
物語の主人公であるカノンは、演奏会の楽団員として会場に招かれた。
彼女は赤眼の魔曲士という異名を持つバイオリン弾き。
闇祓いとして最高位のセラフの称号を持つ少女であった。

そう、民は圧政の背景に王が何者かに取り憑かれているのではと疑い始めた。
そこで最強の闇祓いであるカノンを雇い、楽団に紛れ込ませていたのである。

それでは始めさせて頂きます。

『うっ…ぅうぁあ! この音色は…!? 頭が…! おい誰か、演奏を止めさせろ!』
こうして戦いの曲魔は敗北に終わった。
首謀者とされる者たちは皆処刑され、そしてカノンもまた、牢獄の中で己の実刑を待つだけの身となるのであった。

虚ろな夢 甘美なる夜の誘惑に
導かれし 貴族たちは舞い踊り
優雅なき宴 毎夜繰り返す
儚きこの思い

闇を祓う 一筋の光現れ
みなの願い 叶えるために奏でる
戦いの序曲 悲しく敗れて
願いは儚く散る

震える牢獄で実刑を受ける、待つ彼女を救ったのは、ベランという王宮楽団のヴィオラ士だった。

『あの王は狂ってる! 誰かが止めなくては…。私は、あんたみたいな強い厄払いが訪れるのを、待ってたの!』

ベランの助けを借り脱走に成功したカノン。
やがて二人はカノンの師であるゴートンのもとを訪れる。
多くの誇大は、全てドラゴンの呪いによるものだと知る。
そしてその所有者に挑むには
演奏者から身を守る部下が
ドラゴンの力に匹敵する武器
この二つが必要だとし、まず一つめの刀を求め
過去の大戦で活躍した英雄、傭兵のアンがいるというグラディアスに向かう予定だった