作詞:HARUKA    作曲:SYU

夜明けの色は

何処か何処かで出逢って 幾度も幾度も忘れゆく
言葉や祈りに変えては 譜に乗せ全てを飲みほしてく

遥かな遥かな紺碧 交わる交わる朱の色
姿を姿を隠した私のもとにも移ろいでた

上手く生きれたら 一筋に行けたら
暁の麗らかさも知らないままに

群の中でも 孤独にまみれても
夜明けの色はただ美しく
雨に濡れても 負けてしまいそうでも
息を潜めて待っている

夜空に夜空に燃えゆる 触れても触れても届かない
いつしかいつしか貴方は私の一部になっていたの

上手く笑えたら 素直に言えたなら
暁の麗らかさも知らないままに

苦しい時も 理不尽だとしても
夜明けの色はただ美しく
後悔しても 逃げてしまいそうでも
息を潜めて待っている

上手く生きれたら 一筋に行けたら
暁の麗らかさも知らないままに

群の中でも 孤独にまみれても
夜明けの色はただ美しく
雨に濡れても 負けてしまいそうでも
息を潜めてその瞬間を
苦しい時も 理不尽だとしても
夜明けの色はただ美しく
後悔しても 逃げてしまいそうでも
息を潜めてその瞬間を

器用には生きれないけど 歩いてく もがきならがら
昨日より今日は強くなれる きっと そうずっと
西の夜に 雲の隙間縫いながら その光は
満ちてゆく 何の隔てもなく全て
そう 僕の全てを包んで

夜明けの色は共鳴の暁