もしもそれを愛と呼ぶのならば
収録アルバム
もしもそれを愛と呼ぶのならば
アーティスト
CIMBA
リリース月

もしもそれを愛と呼ぶのならば

作詞:CIMBA    作曲:CIMBA・T-SK

凍えそうな夜の底で
悲しい夢見てるんだね
祈り疲れたその寝顔を
これ以上濡らさないでいて

あの日に取り残された
君の時は止まったまま

もしもそれも愛と
呼ぶのならば
哀しすぎるから
そうたったひと掴みの
ぬくもりだけでもいい
君のそばへ

君に歌うための声は
名前すら呼ぶことも出来ない
涙拭うための指は
もう君に触れることも出来ない

世界中の誰より君に
幸せでいて欲しいのに

もしもそれも愛と
呼ぶのならば
君の記憶から今
すべて消え去っても構わない
あの笑顔が戻るのなら

さあ夢から目覚めて
止まったままの時を今進めよう
目を閉じ感じて
いつだって俺は君の強さの中にいるから

それを愛と呼ぶのならば
もう哀しくはないから
たったひと掴みの
ぬくもりそれだけでいい 君のそばで