夏の雷鳴

作詞:朝日    作曲:朝日

冴えない暮らし 明日ゴミ出し
忘れないように覚えていてほしい
響く音は夏の雷鳴
心細さがふっと胸に刺さる

楽しいことはいつも後出し
それでも僕をもっと見ていてほしい
死んだ蝉はなぜか邪魔だし
子どもの声はずっと遠くへ行くし
何だか泣きたくてどうでもいい映画を見たら
「別に要らなかったな」なんて

悲しいことは繰り返しの日
贅沢なんかも言えずにいるし
「それで別に悪くはないし」
「みんながみんな我慢しているし」

ほらこんなに面白いことがあるよ
そう君が何を作らなくてもさ
「なあ夢を追うことは素晴らしいね」
「まあ俺はわざわざやらないけど」
寂しいことは嘘をつく意味
悪気なんかきっとありゃしないのに

悲しいことは繰り返しの日
いつまでもここで泣くのだろうか
寂しいときは目を閉じるとき
嫌なことばかり思い出すのだろう
苦しいことは決別の日々
痛みだけはずっと慣れないままで
冴えない暮らし 明日ゴミ出し
僕のことをずっと覚えていてほしい