アヴァロンの王冠

作詞:Hibiki    作曲:藤田淳平(Elements Garden)

人がまだ天使だった頃から 謳われた
銀世界に降り立つメサイア
何万年の愛のリライト 散らないで
手をすり抜ける 生命のテイル

それでも何かが 胸を 打つよ
希望は 暖かく 一直線に
遠く遠く 沸き立つ光へ…宣誓を

さあ立つのだGuardian 願う夢があるのだから
反逆の先…見えるか? 栄光のアヴァロン
王冠はいらない 小さな花があればいい
生まれよ 新たに 薫り高く 咲き誇れ

ゼロ距離へと近づくほど 何故か 運命は
反比例して サヨナラを待つ
微笑み返す眼差しの 一瞬が
一生分もの キスのように

銀河分の2を 僕らは出会い
何度目の恋して 伝承になる?
さあこの物語の結末を…まっすぐ見よ

絶世に光る七色の虹の丘で
両手いっぱいに 広げて風にならないか?
王冠はいらない 君さえいてくれるなら
指先伝うよ 何より強い
絆だから…すべてを捧ごう

愛とは? 自由 とは? 答えとは?
終わり 無き旅よ 嗚呼…往こう遥か 天へ

さあ立つのだGuardian 守る夢があるのだから
反逆の先…見えるか? 栄光のアヴァロン
王冠はいらない 誇りさえあればいい
原初に 還ろう 英雄の詩 永久にあれ