東京

作詞:Kazutoshi Sakurai    作曲:Kazutoshi Sakurai

東京を象徴している
ロボットみたいなビルの街
目一杯 精一杯の
働く人で今日もごった返してる

信号待ち。足を止めて
誰かが口笛を吹いてる
とぎれとぎれの旋律だけど
なぜかしら 少しだけ癒されてる

描いた夢 それを追い続けたって
所詮 たどり着けるのは
ひとにぎりの人だけだと知ってる
「それならば何のために頑張ってる?」
とか言いながら分かってる
この街に大切な人がいる

東京は後戻りしない
老いてく者を置き去りにして
目一杯 手一杯の
目新しいモノを抱え込んでく

思い出がいっぱい詰まった景色だって
また 破壊されるから
出来るだけ執着しないようにしてる
それでも匂いと共に記憶してる
遺伝子に刻み込まれてく
この胸に大切な場所がある

バイパスに架かる歩道橋から
よく見えるベランダに
咲いた彩とりどりの花
甘い匂いがこの胸に
あふれ出すあの人に
手紙でも書こうかなぁ?

描いた夢、理想を追い続けたって
多分 ものにできるのは
ひとにぎりの人だけどあと少し
頑張ってみようかなそれでもいつか
可能性が消える日が来ても
大切な人はいる

思い出がいっぱい詰まった景色だって
また 破壊されるから
出来るだけ執着しないようにしてる
それでも匂いと共に記憶してる
遺伝子に刻み込まれてく
この街に大切な場所がある

この街に大切な人がいる