酒場

作詞:三浦康照    作曲:叶弦大
どこにもあるような 酒場の片隅で
ひとりで呑む酒に あいつが眼に浮かぶ
薄いしあわせを酔ってまぎらわす
女の背中のさみしさが
泣いて泣いてた…忘れない

さだめに流されて さすらう港町
酒場の止まり木で あいつを見つけたよ
抱いた夢ならば 捨てちゃいけないと
はげまし合ったね ふたりして
好きだ 好きだよ…思い出す

俺でもよかったら 一緒に暮らそうと
あのとき云えたなら 心が痛まない
人に話せない古い傷あとを
想い出酒場に 捨てるのさ
あいつ あいつは…どこにいる