泉鏡花原作「天守物語」より 富姫

作詞:北爪葵    作曲:中西雄一

その昔、姫路城の天守、最上階に
富姫という美しい魔ものが棲み、
恐れられていました。
そこへやってくる若き鷹匠、
図書之助との物語

姫路天守の五重には
下界の人の穢れは要らぬ
私の可愛い 亀姫へ
殿の白鷹 あげましょう

真白き 真白き 真白き羽に
導かれるは図書之助

片割月も見えぬ夜に
浮かぶはひとり、人の影

「誰...」 「殿の仰せで、
戻らぬ鷹を探しに参りました」
「ここは人間の 来る処ではない。
命が惜しゅうないのか」

「既に鷹を逃した罪で
切腹を仰せつかった身。
仰せのまま、 命をもさし出します」

(清き心で話し、 惹かれ合う二人)

「お勇ましい、 凛々しいお方。
お名が聞きたい」
「姫川図書之助 と申します」
(私を見たとなれば 救われるのか?)
(記念にこの武田家代々秘蔵する兜を
持ち帰りなさい」)

兜盗んだ 罪人と
図書様追われ
かくまう天守
霊力みなぎる 獅子の目を
追手刀で傷つける

見えない 見えない 見えない貴方
闇にさまよう 天守閣

(獅子頭の霊力で
守られていたものたちは、
目が見えなくなりました

「姫君、どこに おいでなさいます。
私は目が見えません」

図書様、 私も目が…
見えなくなっては、
また追手が来ると助けられない。
堪忍して下さいまし

くやみません! 姫君、
あなたのお手に掛けて下さい
ええ、そのかわり
私も生きてはおりません。

ただ貴方のお顔が見たい、ただ一目。
千歳百歳にただ一度、
たった一度の恋だのに」

名工桃六 現れて
獅子の目直し 二人を救う
貴方の眼差し その奥に
月の光が 見えました

愛しい 愛しい 愛しい人よ
心寄せ合う 白鷺城