相馬恋唄

作詞:たかたかし    作曲:弦哲也
ハアー、はるか彼方は
相馬の空かよ
相馬恋しや なつかしや
一目逢いたい あのひとに
つのる思慕が雪になり
胸にせつなく降りつもる

ハアー、こぼれ松葉は
いとしいものよ
枯れて落ちても ふたりづれ
恋し恋しと帯をとき
夢で抱かれて目覚めれば
外は遣らずの涙雨

ハアー、雲は西へと
相馬の空へよ
北へ流れる 身がつらい
忘れられよか あのひとを
風にふるえて見る夢は
桃の花咲く ふるさとよ