楽曲

トワイライト・ナイト

試聴する フル再生

作詞:センチミリメンタル     作曲:センチミリメンタル



泣いた
夜の端っこで 朝を待っていた
凍えそうで でもどっか
温かいような
気配を信じて

探した
雨の真ん中で 君を待っていた
冷える地面に 裸足で
その温度を染み込ませて
歩いてゆく 歩いてゆく
小さくても 確かな一歩で
剥がれてゆく 滲んでゆく
ひどく痛むけど
それが足跡になる

泣いた
夜の端っこで 朝を待っていた
終わりそうで 続くような
叶いそうで でも不確かな
歪んだ 誰かが描いた
未来の僕なんて
飛び越えんだ その向こうに
夜と朝が睨み合っていた

見えるか 聞こえるか
生命の叫びを
微睡む世界を
切り裂く光になりたい
なりたい なりたい

泣いた
夜の端っこで 朝を待っていた
終わりそうで 続くような
叶いそうで でも不確かな

探した
僕の真ん中で
君を待っていた
守るように
守られるように
僕は君と
今を生きてる

夜の端っこで
朝を目指していた
手を伸ばして 届かなくても
また少しずつ 近づけばいい
歪んだ
誰かが描いた 未来の僕なんて
飛び越えんだ
信じるんだ
夜の向こう 朝は待っていた

真っ暗な夜をいつか抜け出して
うずくまる君を照らせる光に
光になりたい