アルキオネ

作詞:俊龍     作曲:よる

演じることをやめた私達はいま
演じることを決めた
指先がかすめた空気さえも愛して

ただすれ違うだけかもしれなかった
私達はこの星に集い
運命の不思議にとまどいながら
笑顔を作った

優しさだけでは人は結ばれないと
痛いくらいのメッセージ欲しい
向かい風に帆を張って

狙え!夢という果実
かじりつけ 味もしらないまま
果汁も飲み干したら 心も体も
「アツくアツくなるでしょう。」
演じることをやめた私達はいま
演じることを決めた
指先がかすめた空気さえも愛して

今日は砂漠になって 明日は海になるの
冷めない熱を帯びて
旅をするよ あなたと

私のために作られた飾りは
まだ私より光ってるけど
こわくないよ あなたが隣にいる
本当の笑顔で

小さなさよなら 大きな出会いにして
神様さえも予想できない
煌めきをきっとあげる

競え!革命の炎
燃え上がれ 私達の色で
めまいがするくらいに 心も体も
「鮮やかに染めよう。」
渇いたままで走る私達は今
誰よりも欲しいよ
真っ直ぐなあなたのその眼差しとその声

窓をたたく雨でも 焼け付く太陽でも
何度でも会いに行くよ
求め合っているから

狙え!夢という果実
かじりつけ 味もしらないまま
果汁も飲み干したら 心も体も
「アツくアツくなるでしょう。」
演じることをやめた私達はいま
演じることを決めた
指先で触れたばかりの世界 愛して

今日は砂漠になって 明日は海になるの
冷めない熱を帯びて
旅をするよ あなたと