雨に濡れて - Album Version

作詞:荒木とよひさ    作曲:三木たかし

冷たい雨に濡れながら さまよう仔犬みたいに
わたしは捨てられたのね 理由(わけ)も話さず
行きかう人は急ぎ足 家路をたどるけれども
わたしは雨の街角たたずむ
あの日のようにあなたもう一度だけ
わたしの唇をふさいでほしい
そして嘘だとわたしのこの身体(からだ)
息も出来ないぐらい抱いてよ
冷たい雨に傘の花 咲かせてくれた人さえ
今では探せはしないこの街

冷たい雨は降り続く 涙がかれるときまで
わたしのこの悲しみを 知るように
あの日のようにあなたもう一度だけ
わたしの耳もとで名前を呼んで
そして嘘だとわたしのこの髪に
そっと指をうずめて抱いてよ
冷たい雨に傘の花 咲かせてくれた人さえ
今では探せはしないこの街