ARiA
収録アルバム
One
アーティスト
GARNiDELiA
リリース月

ARiA

作詞:lino・kionachi・toku    作曲:toku

子供の頃に いつも見ていた
窓に映った 光の行方

遥か遠くの 遥か未来の
昔話で 彩る天体

無数の星の トンネル抜けて
走り続ける レールの音は

どこで出会うの どこへ向かうの
ふと見上げたら 君のぬくもり

星空またたく 思い出奏でた宙
君と出会い 言葉さえ色あせた

星くずが紡ぎ出す アリア
届けて このメロディーを
君と描いてた 想いを繋いで

溢れ出すこの気持ち 刹那
瞬く流星のように
抱いて貫いて あなたの胸に つつまれて・・・

ため息一つ 月が回るわ
忘れかけてた 幼い言葉

誰かの涙 誰を嘆くの
裏切られても 気づかないフリ

空飛ぶ魔法とか 信じて夢見た頃
集めた星図 神話さえ色あせた

走り出すこの思い アリア
続けて このメロディーを
きっと 意気地無し 足跡おざなり

響きだすあの譜面 彼方
一粒 波紋のように
君に逢えるなら 奇跡さえも 味方にして・・・

気づけばほら 無重力に うかぶ涙
闇の中 キラリ 隠せないまま

うばたまの夢で逢う 君の
横顔 まだ気づかない
やめて 意地悪な キスならいらない

走り出すこの思い 宙は
永遠 今手を伸ばす
君に逢えるなら 奇跡さえも味方にして

星くずが紡ぎ出す アリア
銀河の どこを流れる?
いつか 手の届く 星ならおしえて

光無きこの星に いつか
ひとすじ 彗星のように
夜を突き抜けて わたしの星へ 逢いに来て・・・