caramel city

作詞:ナカシマ    作曲:ナカシマ

机に並べた直方体 綺麗に積み上げた
この街が平らになる頃 羊を放って寝るんだ

できるだけ時間をかけて
この街を壊したかった
寝るのにはまだ早いでしょ
うさぎが言った気がした

一つまた一つと 頬張ってしまえば
どろり溶けだした 月が綺麗でした

caramel City 今夜も眠れそうにないな
銀紙の歓楽街を抜けて
caramel City 甘美のまにまに漂えば
なんだか、少し疚しくて

煮詰まるプラットホーム 遅延していく情報
色のない信号 濁りきった街灯
縷々としてラジオノイズは 流れ、満たしていく
溢れそうな退屈を
マグカップに注いで飲み干した

苦すぎて死にそうだ
頬張った、一つまた一つと

caramel City 今夜も眠れそうにないな
銀紙の歓楽街を抜けて
caramel City 朝がすべてを溶かせば
羊を放って寝るんだ

caramel City