真夜中のハイウェイ

作詞:Kaori Mochida    作曲:Mitsuru Igarashi
「今から逢えたりするかしら」
夜が明ける少し前
戸惑いながらも
君が待つ
思い出のあの場所へ

何でもない振りをして
誤魔化した
受け入れてしまった方が
楽ならば

真夜中を
駆け抜けてくハイウェイ
君に言えぬ想い
この胸に
辛い時
君が泣けるように
僕はずっと
友達のままで

「もう少しだけ」
と言う君に
何を言えるでもなく
気休めの言葉見当たらず
どうしようもない僕さ

助手席にいる君は
こんなにも近いのに
とても遠くて切ないね

真夜中を
駆け抜けてくハイウェイ
時間だけが僕らを包んだ
辛いなら
君が笑顔になる
その時まで僕は付き合うよ

綺麗な指をした君の手の
愛しさは寂しさへと
変わってゆく

不思議だね
君の顔をみると
何もかもが愛しく思えた

真夜中を
駆け抜けてくハイウェイ
君に言えぬ想い
この胸に