Mizuumi

作詞:清春    作曲:清春

昨日だって見ていたよ、
きらめいた夢に今日逢って歩いてる
愛した理由なんて消えてたよ

疑いは生まれない、二人しか居ないから
聞いたって笑えるよ、たいした言葉って言えないね

heaft rending 暗いフローラは真冬の
heart ache is 夜に光を受け

太陽に届く音楽を僕は作る
やがて、ある迷いは幾千のユメを見て

湖で浮かぶ風景を描いたら
手の平にのってゆれてるよ、開いた君だけの花が

heart rending あの春が来るまでに

太陽を仰ぎ音楽を僕は奏でる
やがて迷う君よ、幾分か和らいで

湖で浮かぶ風景を猫く絵で
湖に沈んだ悲しかった思いは瑠璃色に塗れた

もう誰も泣いてない幸せな

手の平にのって微笑むよ開いた君だけの花が

もう誰も泣いてないあたたかな
もう誰も泣いてない時になれ