ひとり酒

作詞:管野さほ子    作曲:紺野章
だめじゃないかと しかってくれる
やさしい言葉が 欲しいのよ
女がお酒を 飲むときの
さびしい 気持がわかるなら
お願い 私を 止めないで

酒はお水で うすれるけれど
みれんは お酒じゃ うすれない
忘れるつもりで すがりつく
グラスにゆれてる 影法師
お願い 私を 呼ばないで

夜のアパート ひとりの部屋の
冷たい 畳の その上に
あなたの残した 想い出の
たばこの こげあと 目にしみる
お願い 私を すてないで