僕らの輝き

作詞:長澤知之    作曲:長澤知之

僕らの輝きって午後九時の夜空みたいなモノ
街の灯の外に在って
街の中からじゃ見えないモノ
時々見失って溜め息の雲に隠れても
響き渡る光へのメロディ

君へのこの思いを詩にすれば五文字で終るけど
それほどに短くって てらいが無くても輝くモノ
時々「分からない」と君はふてちゃう事もあるけど
これが僕の光へのメロディ

来週も再来週も日曜の終りは月曜の足音
また頬杖を突いて同じ窓を眺めるのかなぁ…
どれくらい泣きじゃくって
どれくらい暗く閉ざされても
君にもある光へのメロディ

僕らは1つの愛になる
ご覧、今目に見えなくても
日差しのように照らし出すから
望めば望むほど君は今日を
もっともっと生きたいと思うはず

一夜のアバンチュールの出会いなんか
僕は要らない
心が赤の他人のキスなんか欲しくはない
この世の次元内での恋愛とは違うんだよ
僕と君の光へのメロディ

何にも悲しくないけれど
アクビだなんてうそぶく僕
人生そんなに暇じゃないね
取り戻せない空を追うよりも
さあ朝日を見に目を覚ますんだ

僕らは1つの愛になる
ご覧、今は渇いていても
雨のように心が満ちるから
願えば願うほど君の明日は
ずっとずっとより良くキラメクはず

一夜のアバンチュールの出会いなんか
僕は要らない
心が赤の他人のキスなんか欲しくはない
この世の次元内での恋愛とは違うんだよ
僕と君の光へのメロディ
僕と君の光へのメロディ
僕と君の光へのメロディ