なみだの花

作詞:千寿二郎    作曲:千寿二郎
思い叶わぬ 人生と
投げてしまえば なおつらい
思いかさねる 歳月(としつき)に
季節は めぐるよ
心つまずき 迷い道
うしろ振りむきゃ 俺が泣く
生きて愛した 命なら
運命(さだめ)を信じて
一度かぎりの人生ならば
命燃やして 生きなけりゃ
一度かぎりの人生ならば
なみだが花に かわるまで

夢に灯りを ひとつづつ
点すおまえの いじらしさ
微笑かわす つかのまの
なみだが まぶしい
春の香りに つつまれて
生きていくのが 幸せか
傷つきながら 人はみな
やさしくなるだろう
一度かぎりの人生ならば
命燃やして 生きなけりゃ
一度かぎりの人生ならば
なみだが花に かわるまで

一度かぎりの人生ならば
命燃やして 生きなけりゃ
一度かぎりの人生ならば
なみだが花に かわるまで