春の嵐

作詞:はっとり    作曲:はっとり

触れない 離れられなくなるから
飛び込めない 溺れてしまうのが怖い

たしかなものはきっと一つも無いのにな
どうせ忘れるくせにな
笑って手を振ることが出来ないから
一人でもいいって言ったら きみは何て言う
悲しい顔で何て言う

変われない 優しくされて逃げる
呑み込めない 溢してしまうのが怖い

たしかなものはきっと一つも無いのにな
どうせ忘れるくせにな
笑って手を振れるほど強くないから
「そのままのきみでいいんだよ」
そうやっていつも 静かに離れてしまう

夜が砕けて散る様を見た
お願い、無理やり呼び止めてくれないか
目を覚まさせてくれないか
春の嵐が吹く

まだここに居てもいいかい?

たしかなものはきっと一つも無いのにな
どうせ忘れるくせにな
笑って手を振ることが出来ないから
一人でもいいって言ったら きみは何て言う
悲しい顔で何て言う
悲しい顔で何て言う